漢字検定に合格しよう!漢検・試験対策無料問題集★

資格試験の中で最も、誰でも楽しく気軽にチャレンジできる漢字検定♪字を書く機会の少ない“いま”だからこそ、知識としてしっかりと身につけておきませんか?無料練習問題あります!お気軽に挑戦してみてください☆

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▽ ランキングの応援お願いいたします!
漢字検定に合格しよう!漢検・試験対策無料問題集


それぞれの級は何点取れば合格?

合格基準

1・準1・2………………………200点(満点)→合格80%程度

準2・3・4・5・6・7級……………200点(満点)→合格70%程度

8・9・10級………………………150点(満点)→合格80%程度



日本漢字能力検定採点基準(平成18年度第1回より)◆

【字種・字体】
①2~10級の解答は、内閣訓令・告示『常用漢字表』による。
ただし、旧字体での解答は正答とは認めない。

②1級・準1級の解答は、“漢字必携一級”(財団法人日本漢字能力検定協会発行)に示す『標準字体』『許容字体』および『旧字体一覧表』による。

【字の書き方】
解答は筆画を正しく、明確に記すこと。
くずした字や、乱雑な書き方は採点の対象外とする。

【読み】
①2~10級の解答は、内閣訓令・告示『常用漢字表』による。
②2級・準1級の解答には、①の規定は該当しない。

【仮名遣い】
仮名遣いは、内閣訓令・告示『現代仮名遣い』による。

【送り仮名】
送り仮名は、内閣訓令・告示『送り仮名の付け方』による。

【部首】
部首は、“漢字必携二級”(財団法人日本漢字能力検定協会発行)収録の『部首一覧表と部首別の常用漢字』による。

【筆順】
筆順は、文部省(現 文部科学省、以下同じ)告示『小学校学習指導要領』の『学年別漢字配当表』に示された漢字については、文部省編『筆順指導の手びき』により、その他の常用漢字については、“漢字必携二級”による。


→各級の受験料について

▽ ランキングの応援お願いいたします!
漢字検定に合格しよう!漢検・試験対策無料問題集
   漢字検定TOP  漢字よみ  漢字部首  熟語の構成  四文字熟語①  四文字熟語② 
対義語  類義語  同音異字  漢字おくりがな  漢字かきとり



当ブログは、
漢字検定の資格試験勉強が自宅パソコンで出来るように
無料練習問題.過去問題を多数用意しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。